アナログのすすめ

投稿日: カテゴリー: Blog

数年前まではこの時期になると、書店に出向いて来年度用の「手帳」を物色したものです。

 

現在はどうでしょうか?

 

手帳はまずもちあるかなくなりました。というか手帳を準備していない。。。

 

そのかわり、スマートフォンのカレンダーやタスクなどのアプリがその役目を果たしています。世代にもよるのでしょうが、個人体にはそれでも手帳などのアナログツールが有効だとは思っていたりするのですが、結局のところ使わなくなってしまいましたね。

 

現在、アナログツールとして使用しているのは、もっぱらノート。しかも切り離し可能なメモのようなものが多いのですが、ちょっと考えを改めて、ノートに情報というか、考えを集約してみようかと。ログという側面が強いのですが、特定の内容毎にノートを準備し、考え、活動の進捗などを溜めていくことで、後々立派ななログになると思ったり(自己満w)

 

デジタルノートも、Evernoteを数年来利用はしているのですが、いかんせん活用をしきれていなく、これもノート回帰の要因かもしれませんね。

 

本年はこれまでに様々なものを整理してきたのですが、こういったツールなどの活用の仕方も年末に向けて整理してみます。

 

デジタルとアナログの併用。おそらく当方くらいの世代がこういったハイブリッドな感じなんでしょう。今の20代くらいの方々はデジタルネイティブですから、そもそもアナログツールが苦手な方も多そうですしね。

 

 

 

3冊に集約!

 

黒の小さなモレスキンは特定の用途に利用しているノートなんですが、こう見えて10年来の相棒。今回、不要なページなどを切り取って(きれいに処理)最利用することにしたんですが、ゴムなども調整して見違えました。他の2冊と合わせて今後の活用が少し楽しみに。

 

年内はまだまだ整理を進めていきますが、次はカバンですかねー。

 

みなさんもステーショナリーなどこだわってますか?意外と所有欲をくすぐられますよw

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で