サンプルは場合によってご準備したり

投稿日: カテゴリー: BLOG, SAMMY NYC

こんばんは。今月もまだまだSAMMY NYCの営業お伺いが続いてまいります。先日、モデルテストを開始したサロン様と相談して追加で小分けサンプルをご準備いたしました。

 

 

 

先日、大阪で導入に向けた検証を開始いただいたサロン様からのご相談で、小分けのサンプルをご用意させていただきました。基本的に現在では小分けサンプルをお渡しすることは控えさせていただいたりするので、個別のご相談の上でご準備を行う場合もある、といった感じですかね。

 

 

基本のメニュー施術を行える材料の組み合わせでサンプルをご準備。ここから応用として2~3の材料を追加することも可能なのですが、あくまでも基本メニューの知見と施術に慣れてからということで、基本材料のみのご用意となります。

 

このSAMMY NYCの導入のお手伝いを開始した当初は、小分けサンプルをご用意して営業を行っていました。2ヶ月程度はそのスタイルで各サロン様とお話ししていたのですが、夏ごろからちょっと考えを改めるようになり、現在では基本的に小分けサンプルの提供は行っておりません。

 

理由としては、サンプルを良く求められるのですが、本当にサンプル試供によって試されたいと希望されているサロン様が意外と少ないことに気が付いた点にあります。営業時の社交辞令的に要望される場合も多いでしょうね。初期段階で提供していた小分けサンプルはそれなりの数になったのですが、驚くのが大多数のサロンさまではレビューを聞かないといただけないと言う点でしたね。聞いても一言でかたずけられるケースも多く、「まだ試してない」といった内容の回答も非常に多かったです(泣 これは前述の通りいわゆる社交辞令的に営業提案時に「サンプルありますか?」と言われているケースです。提案側の悩ましいところが、これらの事例を踏まえてサンプル試供を行うことの是非を判断するところです。概ねサンプルとはこういった反応を頂くことが往々にして当たり前な部分もあるので、だからといって試供を止めると、一部の本当に試されたいサロン様にとっては機会損失にもなります。この問題は現時点でも悩ましい問題として常につきまとっていたりするのです。

 

で、現在のサンプル試供の原則停止の状況はこういった背景もありつつも、少し別の理由(別ではないかもしれませんが…)で決断しています。

 

それは、サンプル試供によって試される工程の不確実性です。せっかくの材料も正しい工程を踏まえた施術テストを行わないと、全く本来の効果や結果を得ることができません。場合によっては悪い評価がついてしまう場合もあると思います。そのため、夏ごろからは率先してサロンでもモデルテストに帯同して、工程の説明などを行いつつ、商材に対する理解をいただくように努めているんです。今回のサロンさまもモデルテストが完了し、良い感触と評価を頂いたのですが、もう数例テストを場合分けして行われたいとのご相談があったので、協議の上でご準備をさせていただいた次第です。

 

サロンさまにはたかがサンプルの場合もあれば、そのサンプルで有効な効果検証を行える場合もあるので、それらの機会をしっかりと見定めて最適なお手伝いを行うようにしないといけないですよね。ここでサロンさまにお願いがあるとすれば、サンプルやモデルテストはお互いの貴重な時間を使って効果検証を行うものでありますので、レビューの確実な回収と、商品への評価、そして場合によって導入への検討などを伴に行っていただけるように認識していただきたい点です。

最近ではあまりなくなってきたのですが、モデルテストを複数回行い(同じモデルさん)レビューが出てこないので、確認をお願いすると、画像一枚と「良かったです!」といった一文だけが送られてきたこともあります。これだとお互い何のために時間を使ったのかわからなくなってしまうのでちょっともったいないです。導入するかどうかは別の話しとして、それまでの段階で商品の評価や知見を高める様々な検証の時間として考えてもらえると、とても有意義になるのではないでしょうか?

そんなこんなで本年のSAMMY NYCのご案内もまだまだ続いていきますので、少しでも本気で興味を持っていただけるサロンさまに良い情報と材料をご紹介できるように活動を行っていきたいと考えています。あ、サンプルの試供が絶対にないわけではありませんからねw 場合によって最適なご案内方法をご相談の上ご案内させていただいてますので、ご興味のあるサロン様はお気軽にご相談くださいね。

 

それではー。

   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で